お届けしたジュエリー・アクセサリーを大切に長くお使い頂くために

+C Jewelryでお取り扱いしている
宝石・天然石・各種パーツの素材について
それぞれの素材が持つ性質やお取り扱い上のご注意
日常でのお手入れ方法をご紹介致します。

————————————————————————————————————————–

天然石について
天然石は(別名パワーストーン)は古来より不思議なパワーが宿るとされ、願いを込めたり、お守りとして身に付ける方が多くいらっしゃいます。天然石には様々な種類(大きさ・色・形・カット)があります。同じ種類でも一つとして同じものはございません。ペアで身に付けるもの(イヤリング・ピアスなど)は出来るだけ似ているものをセレクトし、バランスを見ながら組み合わせて作製しております。(大きさ・色・形・柄など、天然石特有の誤差をお楽しみください)

 

K18について
K18は全体の75%に金、残りの25%は強度を出すために銀・銅などを配合した素材です。イエローゴールドの場合、K18はK10に比べて金の含有率が高い分、金の色味がはっきりしており、また資産価値も高いためジュエリーの素材として人気があります。またK18は金の純度が高いため、金属アレルギーを起こしにくいと言われていますが、全ての金属アレルギーの方に当てはまるわけではなく、銀や銅にアレルギーがある方はK18でもかぶれてしまうこともあります。K18は変色しにくいと言われていますが、直射日光の下で長時間放置していたり、汗をかいた状態で放置していたりすると変色する場合がございます。金自体は変色することはありませんが、配合されている銀が硫化したり銅が酸化したりすることで変色が起こります。変色が少し気になってきた場合は、ジュエリークリーナー等で拭いてあげると本来の輝きを取り戻すことができますので、長くご愛用いただけます。


K10について
K10は全体の42%に金、残りの58%は強度を出すために銀・銅などを配合した素材です。価格はK18に比べて低価格となり、ゴールドの色味は少し柔らかくなります。オーダーの際に少し価格を抑えたい時などにオススメですが、金の価値としてはK18よりも劣り(地金の含有量がK18よりも少ないため)価格も極端に変わるわけでは無く、K18と比較すると銀や銅の成分の割合が多いため変色しやすいと言われ、価値や変色のしやすさで考えるとK18をおすすめしております。


K14gfについて
ゴールドフィルドとは、地金となる真鍮の周りに商品全体重量の1/20以上の金(K14)がコーティングされたものです。K18やK10素材よりも価格がリーズナブルなので欧米問わず日本でも人気のある素材です。通常の金メッキ商品と比べて厚い層で作られているため、剥げにくいと言われておりますが、ご使用状況により劣化が早く見られる場合があり、摩耗しやすいチェーンなどはK10やK18と比較すると黒ずみしやすい傾向にあります。アンティーク調に劣化を楽しまれる方もいらっしゃいますが、地金としての価値を求めたり出来るだけ変色を抑えたい方にはK18やK10素材をおすすめします。


Silver 925 – Stering Silverについて
Silver925とは、銀の含有量が92.5%(1000分の925の純度の銀)であることを示しています。純銀(100%)の場合は耐久性や強度に欠けるため、銀の硬度を保つために7.5%は銅などの金属を混ぜています。シルバーは金属のなかでも柔らかくてキズ付きやすく、また長い間ご使用になられていない場合は自然に黒ずむ性質(硫化)があります。

————————————————————————————————————————–

使用上のご注意
● +Cのアクセサリー・ジュエリーは、「素肌に心地よく」をコンセプトにしており、付け心地は軽く華奢なものが多くデリケートです。強い力が加わりますと天然石や金具の破損につながりますので、お取り扱いには十分ご注意ください。

● 貴金属は体質によってかゆみ・かぶれを生じる場合がありますので、皮膚に異常を感じた時はご使用をお止めいただき、専門医にご相談ください。

● 宝石にはダイヤモンドやサファイアやなど硬い石もあれば、パールやオパールなど柔らかい石もございます。柔らかい石は水に弱く欠けやすいため、水仕事や手洗いの際には外されることをおすすめ致します。

● 貴金属のブレスレットやネックレスなどは衣類の脱ぎ着をする際に布地への引っかかりにより留め具の破損を起こしやすいので、脱ぎ着の際はお気を付けください。

● サウナなど高温の場所や、スキー場など極寒地での使用は火傷、凍傷の原因となる場合がありますので着用をお避けください。

お手入れについて
汗をかいた肌に長時間触れていたり、化粧品やヘアスプレーなどが付着すると変色や汚れが付着してしまい本来の輝きを失ってしまいます。ご使用後はやわらかい布で拭いていただいたのち、出来るだけ空気に触れないようにチャック付きの袋に入れて保管していただくと変色を防ぎ、輝きを長く持続させることができます。

商品のアフターケア
万が一破損してしまったり、変色してしまった場合には有料にて修理、メンテナンスを承ります。k18やK10リングはサイズ直しを承りますが、お直しするサイズを大きくする場合には追加の地金代がかかることがございます。